ホーム > 企業情報 > 新着情報一覧 > 2014-01-17

パルスファイバーレーザ YLS-1500/15000-QCW等の装置を導入

    

 この度当社の研究開発事業が、愛知県が実施する「新あいち創造研究開発補助金」に採択されました。現在、採択されたテーマである「高品位パルスファイバーレーザによる航空機部品フィルム冷却穴あけ技術の実証試験」の試験に向けて、関連装置を順次導入しております。

 今回導入された装置は、パルスファイバーレーザでは日本国内最大ピーク出力(2013年現在)であるYLS-1500/15000-QCWをはじめとするファイバーレーザ発振器と、4,500mmの1軸ステージ付きロボットシステム、500x500mmテーブルの精密ステージ、高速度カメラです。

 これらの装置と当社のノウハウを最大限活用し、「高品位パルスファイバーレーザによる航空機部品フィルム冷却穴あけ技術」の実現に向けて、実証試験に取り組んでまいります。


高出力ファイバーレーザ発振器 YLS-1500/15000-QCWと、
KUKAロボット+4500mm1軸ステージの組み合わせで実証試験に挑みます


発振器:YLR-300/3000-QCW-AC(IPG Photonics社製)

【基本仕様】
・最大ピーク出力:3000W
・最大パルスエネルギー30J
・パルス幅:0.2-50msec
・最大平均出力:300W
・ファイバーコア径:50μm

発振器:YLS-1500/15000-QCW(IPG Photonics社製)



【基本仕様】
・最大ピーク出力:15000W
・最大パルスエネルギー150J
・パルス幅:0.2-10msec
・最大平均出力:1500W
・ファイバーコア径:100μm
※パルスファイバーレーザでは日本国内最大ピーク出力(2013年現在)

【用途】
・穴あけ:薄板穴あけ加工,厚板への高アスペクト比穴あけ加工,斜め穴加工他
・溶接:高反射材へのスポット溶接,シーム溶接他

加工機



○4.5m一軸ステージ付ロボットシステム
 (KUKAロボティクスジャパン・戸苅工業社製)
・用途:長尺加工,大型加工用

○精密ステージ(レイセック社製)
・稼動テーブル:X・Y・Z
・ストローク:500mm・500mm・200mm
・ロータリーテーブルあり
・用途:微細加工


高速度カメラ

【基本仕様】
・高速度ビデオMEMRECAM HX-3(ナック社製)
・用途:穴あけ,溶接,切断等のレーザ加工現象の可視化,解析用

当社の研究開発や装置についてのご質問・お問い合わせは

株式会社レーザックス 営業2課
〒472-0017 愛知県知立市新林町小深田7番地
TEL 0566-83-2229 / FAX 0566-83-0154

加工の悩みをレーザで解決しませんか?
専門家に相談できるサイトがあります↓



企業情報

会社概要

所在地・アクセス

新着情報一覧

組織図

採用情報

環境への取り組み

機密保持に関する方針

購買方針

各種資料ダウンロード

お問い合わせ窓口