ホーム > 企業情報 > 新着情報一覧 > 2014-02-21

2014/4/23~26 2014国際ウェルディングショーに出展します

    

2010年国際ウェルディングショーの際の当社ブース
2010年国際ウェルディングショーの当社ブース

 株式会社レーザックスは、2014年4月23日~26日に東京ビッグサイトで開催される『2014国際ウェルディングショー』に出展いたします。

 前回の東京開催(2010年)に比べ、当社は更に規模を拡大して出展し、ハンドトーチ形レーザ加工機「OPTICEL-FH」の新製品発表、小型加工ステージ「LXCS」の加工実演、レーザ加工ヘッド「OPTICEL-D」やレーザ加工サンプルの展示を行います。ぜひ当社ブースにお立ち寄り下さい。

レーザックスブースのみどころ

①ハンドトーチ形レーザ溶接機『OPTICEL-FH』 新製品発表!


コンパクトなレーザ溶接機『OPTICEL-FH』

 2014年春、レーザックスは新製品『OPTICEL-FH』を発売します。

 ハンドトーチ形レーザ加工機『OPTICEL-FH』はファイバーレーザを搭載した小型レーザ加工機です。100V・空冷仕様の為非常にコンパクトで、必要な場所に移動してレーザ溶接を行うことができます。

他にも
①わかりやすい操作インターフェイス 
②パルス発振で安定した美しい仕上がり 
③メンテナンスフリー 

などの特長があります。是非とも実機で、その使いやすさをご体感下さい。。

②小型加工ステージ『LXCS』と切断・溶接両用加工ヘッドを用いたデモ加工を実施

溶接・切断両用ヘッド

 当社が開発した「溶接・切断両用ヘッド」は、特許を取得したオリジナルのレーザ加工ヘッド用ノズルです。溶接と切断の加工を1回の段取りで行うことができるので、段取り替え作業を削減し、工程を短縮することができます。

 今回のウェルディングショーでは、小型精密ステージ「LXCS」に「溶接・切断両用ヘッド」を取付け、デモ加工を行います。溶接~切断を1台のヘッドで行う便利さを実感して下さい。


当社開発の溶接・切断両用ヘッドで
溶接と切断を段取り替えなしで実施


③レーザ加工ヘッド『OPTICEL-D』シリーズをはじめ、レーザ周辺機器を展示

レーザ加工ヘッド OPTICEL-D
レーザ加工ヘッド『OPTICEL-D』
 既に多くのユーザ様にご好評頂いております当社製レーザ加工周辺機器。レーザ加工ヘッド『OPTICEL-D』シリーズをメインに、実機を展示いたします。
【特長】
・国産、軽量のファイバー伝送型固体レーザ用
・高出力レーザによる金属切断・溶接・穴あけに
・レンズの組合せで様々なスポット径に対応可能

レーザ加工ヘッド OPTICEL-D カタログ

④当社の技術の結晶、レーザ加工サンプル群を展示

レーザ加工ヘッド OPTICEL-D
 その他、当社創業以来の技術の結晶とも言えるサンプル群を展示いたしますので是非ともご覧ください。




レーザ・アークハイブリッド溶接にて、
板厚10mmを1パスで貫通溶接した加工サンプル


開催概要

展示会名称 2014国際ウエルディングショー
JAPAN INTERNATIONAL WELDING SHOW 2014
会 期 平成26年4月23日(水)~26日(土)[4日間]
 10:00~17:00(最終日は16:00終了)
会 場 東京ビッグサイト
ブースNo. A-22 株式会社レーザックス
主 催 一般社団法人日本溶接協会
産報出版株式会社

会場図・出展者情報などの詳細は 2014国際ウエルディングショー のHPでご確認下さい。
2014国際ウェルディングショー

加工の悩みをレーザで解決しませんか?
専門家に相談できるサイトがあります↓



企業情報

会社概要

所在地・アクセス

新着情報一覧

組織図

採用情報

環境への取り組み

機密保持に関する方針

購買方針

各種資料ダウンロード

お問い合わせ窓口