ホーム > 企業情報 > 新着情報一覧 > 2015-04-01

「Laserdyne795+QCWファイバーレーザ」を日本初(*1)導入

    

 株式会社レーザックス(本社:愛知県知立市、代表取締役社長:近藤恭司)は、世界の航空機部品メーカーに多くの納入実績があるPrima Power社(本社:アメリカ・ミネアポリス)製のレーザ加工設備「Laserdyne795+QCWファイバーレーザ」を日本で初めて導入(*1)しました。             (*1 Laserdyne795とファイバーレーザの組合せで日本初導入)

Laserdyne 795+ QCWファイバーレーザ 設備概要


Laserdyne 795+QCWファイバーレーザ

■基本仕様
・定格出力:    2kW
・最大ピーク出力: 20kW
・稼働ストローク:
 X2,000・Y1,000・Z1,000
  ・C±450°・D±150°

■主な特徴
・高いビーム品質とムラのない出力で安定品質
・三次元形状部品に高速孔あけ、斜め孔あけ可能
・11°~の浅い角度での孔あけ、切断も可能
・低電力消費のエコ設計


■用途
・穴あけ:薄板穴あけ加工,厚板への高アスペクト比穴あけ加工,斜め穴加工など
・条件設定により切断、溶接も可能


設備の概要と導入の背景

 本機はピークパルス出力20kWのファイバーレーザ発振器を搭載した最新鋭のレーザ加工装置で、航空宇宙分野での使用用途として、ジェット・エンジン(タービン・エンジン)の高温部分で使用される部品の 「燃焼器のライナー」や「タービンのブレードやベーン」に対する冷却孔(冷却空気を流す通路)の穿孔に採用されている実績があります。

 レーザックスでは従来YAGレーザ加工機で行っていた航空機部品などの受託加工を引き継ぐほか、高いピーク出力を活かした厚板の穴あけ加工、X2,000 mmのストロークを活かした大型部品の加工、角度11度から可能な斜め孔あけ加工など、従来機では困難だった加工の新規受注も見込んでいます。また本機導入を機に、既に取得しているNADCAP認証について、対象拡大の取り組みを進めて参ります。

本機による加工についてのご質問・お問い合わせは

株式会社レーザックス
〒472-0017 愛知県知立市新林町小深田7番地
TEL 0566-83-2229 / FAX 0566-83-0154

加工の悩みをレーザで解決しませんか?
専門家に相談できるサイトがあります↓



企業情報

会社概要

所在地・アクセス

新着情報一覧

組織図

採用情報

環境への取り組み

機密保持に関する方針

購買方針

各種資料ダウンロード

お問い合わせ窓口